アナタの住んでいる場所に出来るかも?カジノ立地予想!

>

カジノのデメリットってなに?

ギャンブル依存症の危険性

カジノ法案の最大の問題点としてよく挙がるのが、ギャンブル依存症患者の増加です。
お金が無くなるまでギャンブルをしてしまう、せっかくお金を貯めても全てギャンブルに費やしてしまうといった症状がみられるギャンブル依存症。
日本では現在、こういったことを懸念してカジノは違法であるとしています。
しかしIR推進に伴ってカジノが解禁されれば、こういったギャンブル依存症の方が爆発的に増える可能性があるということです。
一方で、カジノが対象とする人達は比較的富裕層が多いため、急激なギャンブル依存症患者の増加にはつながらないのではないか、という意見もあります。

日本では、パチンコやスロットといったものでも依存症となる方が多く、強く懸念されています。

法律の整備には、こういったカジノをする人の健康を守る方法についても議論されていかなくてはなりません。

治安とマネーロンダリング

カジノの建設候補地となっている地域の住民が反対する大きな理由として挙げられるのが、やはり治安の悪化です。
日々大金が移動するのがカジノ施設ですし、観光に訪れる外国人も増えるため、犯罪が起こりやすくなるのではないか、と懸念されています。

さらに、マネーロンダリング(資金洗浄)の不安もあります。
マネーロンダリングとは、暴力団などの反社会的組織が違法に仕入れた金を、我々が利用できるような資金に変換していくということです。

古くから海外ではこのマネーロンダリングがカジノで活発に行われていました。
このことから、日本の治安ともあわせてマネーロンダリングの温床となってしまうことが懸念されています。

このあたりの法整備がどれほどされるかが今後の焦点となります。



TOPへ戻る